身体の世界

鏡を見る。

そこにいる自分に集注するあなたは自分の顔の表面に気が集まっていくことを感じるだろう。しかしそれとともにあなたの顔の中は空洞になっていくことも感じるだろう。

同じようにあなたは外界に起こることをいつも感じ泣き笑いしている。しかし外界、つまり世界に起こることを感じれば感じるほどあなたの体の中は空洞になっていく。あなたは生きていく空虚さの原因をさらに外界に求め、悪いことに空洞はさらに広がっていく。

一体これはどういうことなのだろう。あなたの身の回りで起こること、外の世界と関わりになればなるほどあなた自身は空虚になっていくのだ。

あなたはがんばる。しかしそれにつれてあなた自身をなくしていく。
つまりあなたは社会の中で切磋琢磨すればするほどあなた自身を見失っていくのだ。

賢明なあなたは気づくだろう。がんばろう、豊かになろう、合理的になろう、人に承認してもらおうという精神があなたを外界に誘っていることを。
あなたの精神は欲望や野心を満たそうと、あなたの体を虎視淡々と狙って、酷使する。結果、あなたは観念を作り出し、それを実と受け止める。

では、ひとまず身体から精神を除いてみよう。不思議なことに精神が彩った観念が消えていくではないか。
しかし自身が消えるわけではない、あなたは精神依存からしばし解放された快適さにちょっと驚いてしまうだろう一体自分は何に縛られてきたのだろう。まるで孫悟空の輪が外れたようだ。空洞化とともに膨れ上がった観念に体は病んできたのだ。

 

そこで考える。観念の呪縛から離れ身のある体に戻すにはもう一度ナカを豊かにするしかない。


人に集注すれば精神が観念を生みナカが空虚になるのであればナカに集注するしかない。
それこそが、この世界に解き放たれた我々が、精神に作られた観念という化け物に右往左往されないように人生をまっとうできる唯一の手段だろう。

他に注意を向け、自分を忘れて生きていくのは快適だ。あっという間に年月は経つ。勉強、仕事、家事、恋愛、育児、介護など生活は容赦なく時間を奪っていく、そしてあなたは生命の灯火を見つめつつ、神からのギフト、つまり身体を忘れていく。

あなたは鏡を見ることはあっても、自分の存在を観ることはしない。
存在とは何か。自身を直感し、造化にしたがい自然と共生していることを実感することだ。

人を信じる前に信じる気持ちを感じよう。いきなり相手に対するのではなく、まずは自身の感覚を観ることからはじめよう。

もしあなたが恋愛をしているのであれば、相手がそばにいることで感じられる身体感覚こそがその源泉だ。実際のところ相手がどう感じているかなどはわからない。わかるのは相手から伝わってきているだろうというワクワク感、つまり自身の身体感覚だ。

体を最も大切な客として大切に迎え入れよう。
なぜなら自分自身を入れる骸はそこにしかなく、そして自身はそこで無限に感覚を膨らませたりすぼめたり遅らせたり早めたりできるからだ。
自分に起こること、世界中のこと全ては骸の中で実現できる。
自身の骸という基地をしっかりと整備しよう。

 

そしてあなたは、風通し良く居心地の良い身体という基地は、実は外にもつながっている、否、包含していることをいずれ知ることになるだろう。

2021/11/5