観られる稽古

小学生の時、担任の先生から「天網恢恢疎にして漏らさず」(老子,徳経二巻八十一章)という言葉を教わりました。

当時は天から常に監視されているようで反発したものでしたが、それから半世紀も経って、なぜか最近はよく思い出します。

稽古を重ねるにつれて、観られるという経験こそが、身体を変えていくことを実感してきたからかもしれません。

見るという能動的動作は、どこかに緊張を生みつつ外に向かい、対象物に集中すればするほど思念を生み、それとともに見る側の身体は空虚になっていく感じがします。例えて言えば上位者が一方的にお説教をした後の感じのようです。

一方、観られるという経験は、和紙に水が染み込みながら浸透していくように、知らず知らずのうちにゆっくりと身体が変化していくのを感じます。

心の壁を通り抜ければ、長い年月、習慣化し凝り固まってしまった部分が、氷が解けるように溶解し、流れていくような快さも感じられます。

 

似たような表現に「お天道様にいつも観られている」という古い表現があります。

太陽はこちらから眩しくて見ることはできません。しかし太陽からの光により生物や植物は生存するすべを獲得してきました。

 

我々人間は光により、昼間は太陽に、夜間は月に照らされ、気づかぬままに心を生み、季節により揺れる心に様々な文化を生んできました。

ちなみにかつてお月見とは直接月を見ることではなく、水面に揺れる月の影を観ることだったと聞きます。

時間は万人に平等に与えられているといわれますが、昼夜、太陽や月にも、私たちは貧富、老弱、善悪の区別なく観られているのかもしれません。

 

整体協会の創始者、野口晴哉先生は子供を育てる時、子供の観方の大切さを説かれました。子供は観られるように成長していくというお話です。

私たちは観る稽古を重要視しています。そしてもっと大切なのは観られる稽古だと思います。

何かに観られる感覚は、生活を一変させるチカラを活性化すると思います。

観られると感覚するだけで、心は動き、身体は変化していきます。

 

ブルース・リーの大ヒット映画「燃えよドラゴン」では最後に鏡の場での対決があるのですが、もしそれが鏡の場ではなく、影を写し出す障子の場だったら、とたまに考えます。

鏡は対象としての姿を反射します。それは身から離れた一人称で見る感覚を発生させます。それに比較し、障子の先にある姿は、まるで我が身の分身のような影を写し出します。それは二人称なのか三人称なのか分かりませんが、そこに何かが立ち現れ身が観られるという感覚を誘発するのです。

 

令和4年4月18日